草の実アカデミーとは

マスコミ世論研究所について

第二言論サミットへの呼び掛け文


第二言論サミット発言者一覧


無料ブログはココログ

« 6月26日(土)14時「河合塾雇止め無効の中労委命令」講演 | トップページ | 「メンタリストDaiGo 生活保護者&ホームレス蔑視発言」元ホームレス渡辺てる子さんと一緒に考える »

2021年7月15日 (木)

金持ちのことを心配する貧乏人をやめよう ! コロナ失業150万人の惨状と消費税廃止を考える

 不審の祭典、東京オリンピック開幕6日前に、「金持ちのことを心配する貧乏人をやめよう!」というテーマで、久々に林克明がお話します。

 といっても、短く話して問題提起し、あとは参加者が自由に発言する形式です。

  野村総研の今年2月の調査によると、新型コロナウイルスによる実質的な失業は、女子103万人、男子43万人。これに政府発表のいわゆる失業者を合わせれば、390万人ちかく。それから5カ月過ぎているので今はもう少し増えている可能性があります。

 しかし全体としてみると、コロナウイルス不況によって直接の被害を受けているのは一部の人だけで大半は現状維持できている。去年の夏、東京都知事選で小池百合子が圧勝したとき、大半の人はコロナでダメージ受けていないと思いました。

  それからおよそ1年。NHK1万人アンケート調査では、コロナの影響で収入が減った人は34%、それ以外の66%は収入が変わらないか増えているということです。

  つまり、一部の人により被害が集中している。彼ら(というより私)を救済するには、消費税廃止や財政出動による緊急対策をするしかない。その方法を考えるうえで、昨年版の「不公平な税制をただす会」による財源試算を紹介します。

  結論だけ書いてしまうと、不公平な税制をただすと2018年の経済実績では、43632億円の増収になるのです。

  それなのに、大企業や金持ち資産家に課税すると、外国に逃げるから金持ちに課税しすぎるとまずいだの、いろんなことを言う人が出てきます。

  貧乏人が、一生懸命にお金持ちのことを心配する滑稽な社会。それが日本の現状ではないでしょうか。金持ちが税制改革に反対するならわかりますが・・・。

  そんなことを話し、訴えたいと思います。(林 克明)

 

テーマ:「金持ちのことを心配する貧乏人をやめよう!

~コロナ失業150万人の惨状と消費税廃止を考える~

 講師:林 克明(ジャーナリスト)
 日時:7月17日(土)13:30 時開場、1400分開始、1630終了
場所:雑司ヶ谷地域文化創造館 第2会議室
https://www.mapion.co.jp/m2/35.71971291,139.71364947,16/poi=21330448165

交通:JR目白駅徒歩10分、東京メトロ副都心線「雑司ヶ谷駅」2番出口直結
資料代: 500

 ★★★【申し込み】★★★(定員18)
フルネームと「7月17日参加」と書いて下記のメールアドレスに送信してください。
kusanomi@notnet.jp

 ★★★感染防止対策にご協力を★★★

・受付の名簿に必要事項をお書きください。
・会場入りの際は手洗いかアルコール消毒をお願いします。
・会場内ではマスク着用をお願いします。
・窓を開けるなど喚起をするのでご了承ください。

« 6月26日(土)14時「河合塾雇止め無効の中労委命令」講演 | トップページ | 「メンタリストDaiGo 生活保護者&ホームレス蔑視発言」元ホームレス渡辺てる子さんと一緒に考える »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック