草の実アカデミーとは

マスコミ世論研究所について

第二言論サミットへの呼び掛け文


第二言論サミット発言者一覧


無料ブログはココログ

« 【本年最後】12月21日(土)第122回草の実アカデミー 「言論とメディアはどこまできたか—東京オリンピックやGSOMIAなどを例に」 講師:田島泰彦氏(早稲田大学非常勤講師・元上智大学教授) | トップページ | 「なぜ山本太郎を追うのか」疾走する反ジャーナリスト高橋清隆が語る »

2020年1月15日 (水)

「南房総は革命後の世界だった!?~台風の傷跡生々しい南房総から」

■1月18日(土)第123回草の実アカデミー

「台風の傷跡生々しい南房総だけど 実はそこは革命後の世界!?」

 明けましておめでとうございます。今年最初の草の実アカデミーのゲストは、フリーライターで労働・女性運動アクティビストの小林蓮実さんです。

 彼女は昨年、東京を引き払って南房総に2019年7月に移住しました。それから間もなく大型台風に襲われ・・・

大型台風に襲われ続けることに。復興作業に参加しながら、月2回東京に働きに出る生活を続けています。

 年末に久々に小林さんに会いました。今までとはまったく違う世界で生活しているわけですが、「ある意味、革命後の世界みたい」という彼女のひと言が気になり、話を聞いてみたくなりました。

 東京に比べればはるかに小さな共同体の南房総。最近どこかで、民主主義が健全に機能するのは2万人程度のコミュニティしかない、というようなことを聞きました。

 歴史的な深刻な被害をもたらした台風と、その復興の中から何が見えてきたのか?  ご本人からメッセージをいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2019年、台風におそわれつづけた南房総エリア。

2020年が幕を開けても、そこにはブルーシートの風景が広がっている。

だが、農家さんをはじめとする市民たちは明るくたくましい。

そもそも少子高齢化や過疎が進み、資本主義による社会が成立しにくいこのエリア。

実は、「革命後の世界」とすら表現したくなるような、様相が広がっている。

今回、わたしが移住した南房総エリアの「真実」

そして、そこからみえてくる社会の進むべき方向について

「独断と偏見を中心に」お伝えしてみたい……。

 

ともに現場やコミュニティからの変革と、政権交代の双方を目指しましょう!

フリーライター/労働・女性運動等アクティビスト  小林 蓮実

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぜひご参加ください。終了後は、近くで新年会です。

日時:1月18日(土)

   13:30 時開場、14時00分開始、16:40終了

場所:雑司ヶ谷地域文化創造館 第3会議室

https://www.mapion.co.jp/m2/35.71971291,139.71364947,16/poi=21330448165

 

交通:JR目白駅徒歩10分、東京メトロ副都心線「雑司ヶ谷駅」2番出口直結

資料代: 500円

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

主催:草の実アカデミー

ブログhttp://kusanomi.cocolog-nifty.com/blog/

E-mail kusanomi@notnet.jp

« 【本年最後】12月21日(土)第122回草の実アカデミー 「言論とメディアはどこまできたか—東京オリンピックやGSOMIAなどを例に」 講師:田島泰彦氏(早稲田大学非常勤講師・元上智大学教授) | トップページ | 「なぜ山本太郎を追うのか」疾走する反ジャーナリスト高橋清隆が語る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【本年最後】12月21日(土)第122回草の実アカデミー 「言論とメディアはどこまできたか—東京オリンピックやGSOMIAなどを例に」 講師:田島泰彦氏(早稲田大学非常勤講師・元上智大学教授) | トップページ | 「なぜ山本太郎を追うのか」疾走する反ジャーナリスト高橋清隆が語る »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック