草の実アカデミーとは

マスコミ世論研究所について

無料ブログはココログ

« 一難去らずにまた一難~東京都人権条例の危険~ | トップページ | 「戦争体験と経営者」から読み取る2020年に向けていま起きていること »

2018年10月13日 (土)

#ケチって火炎瓶 その2「安倍首相・下関暴力団スキャンダルの現代史的検証」

#ケチって火炎瓶 その2

「安倍首相・下関暴力団スキャンダルの現代史的検証」

~警察・政治家・ヤクザの三角関係~

 講師 タケナカシゲル氏(フリーライター)

Jpg002_2

 与野党、記者クラブメディアがこぞって無視するので、かえって怪しく浮き上がってしまう「#ケチって火炎瓶」事件。 #安倍とヤクザと火炎瓶 などというハッシュタグでかなりの人々に伝わっている。

 

 今回の講演者は、月刊『紙の爆弾』201810月号で「安倍晋三『下関暴力団スキャンダル』の全貌を暴く」を執筆したフリーライターのタケナカシゲル氏。

 

 記事では、今年夏に火が付いた安倍首相の選挙妨害からむ事件(#ケチって火炎瓶事件)を振り返りつつ、指定暴力団の工藤会をはじめとする暴力団と自民党、そして選挙との関係に触れている。

 

 溝下秀男工藤会総裁(故人)からタケナカシゲル氏が直接聞いた選挙に絡む話も興味深い。

 

 今回、15年ぶりにクローズアップされた火炎瓶事件を現代史的に見てみよう、というのが今回のテーマだ。題して「「安倍首相・下関暴力団スキャンダルの現代史的検証」。

 

〇講演者のタケナカシゲルさんから一言。

 

そもそもヤクザと政治家は同根である吉田磯吉いらいの北九州ヤクザから山口組にいたるヤクザ史をたどりながら、政治家とヤクザが本質的(人気商売)に同根であることを語ります。

 

 そのようなことを踏まえたうえで、暴対法・暴排条例が、警察官僚・政治家・ヤクザの三角関係のアンビバレンツな構造の過渡期にあることをお話したいと思います。公安警察の話もします

 

ぜひご参加ください(林 克明)

027日(土)第109回草の実アカデミー

 

 #ケチって火炎瓶 その2

「安倍首相・下関暴力団スキャンダルの現代史的検証」

~警察・政治家・ヤクザの三角関係~
 講師  タケナカシゲル氏(フリーライター)

 

期日  20181027日(土)1330開場、1400開始、1645終了

場所  雑司ヶ谷地域文化創造館第2会議室

https://www.mapion.co.jp/m2/35.71971291,139.71364947,16/poi=21330448165

交通  JR目白駅徒歩10分、東京メトロ副都心線「雑司ヶ谷駅」2番出口直結

資料代 500

主催:草の実アカデミー

« 一難去らずにまた一難~東京都人権条例の危険~ | トップページ | 「戦争体験と経営者」から読み取る2020年に向けていま起きていること »

草の実アカデミー講演予定」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178019/74386342

この記事へのトラックバック一覧です: #ケチって火炎瓶 その2「安倍首相・下関暴力団スキャンダルの現代史的検証」:

« 一難去らずにまた一難~東京都人権条例の危険~ | トップページ | 「戦争体験と経営者」から読み取る2020年に向けていま起きていること »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック