草の実アカデミーとは

マスコミ世論研究所について

無料ブログはココログ

« ツイキャス講演録:特定秘密保護法と盗聴法拡大の危機 | トップページ | 明日6月21日(土)2時 東京オリンピック問題入門編「国立競技場の謎と疑惑」講演会開催 »

2014年6月 6日 (金)

東京オリンピック問題入門編=国立競技場解体の謎と疑惑

63回草の実アカデミー

「東京オリンピック問題入門編=国立競技場解体の謎と疑惑」

 講師:アツミマサズミ氏 (オリンピックはいらないネット)

 621日(土)2時~445分  神宮前穏田区民会館1階集会室

■第63回草の実アカデミー

「東京オリンピック問題入門編=国立競技場解体の謎と疑惑」

 講師:アツミマサズミ氏 オリンピックはいらないネット

 

 東京オリンピック開催が決まったとき、とてつもない巨大な新国立競技場の完成予想図を見て、ものすごく不快なものを感じるとともに、私(林克明)はがっかりとした。(またか……)。

 

 散歩すると気持ちがいい神宮外苑周辺の雰囲気ががらりと変わってしまう。あの冷たく巨大な建造物の絵を見て苦痛を感じたのだ。

 

 今回の講師を務めるアツミ・マサズミさんは、2016年の福岡オリンピックを横取りする形で東京都がオリンピックに招致することに疑問を感じ、東京にオリンピックはいらないネットに参加。シール投票、電話アンケート、IOC評価委員会への手紙作戦など進めてきた。

 

 特筆すべきは、情報開示請求で様々な資料を入手し、一般の人には知られない情報を発信し続けていることだ。

 

「都市が開催すると言いながら国家間競争になるという矛盾と生活環境の破壊なしにオリンピックを開催することは不可能であることを実感」したという。

 

 国立競技場に関して2016年東京オリンピックは晴海だったものが、なぜ2020年では神宮外苑でできるのかという点を出発点にして、建築家とは独立別個に調査し、2011年の久米設計の耐震改修基本計画の概要版を引き出した張本人が、今回の講師を務めるアツミマサズミさんである。

 

 修繕すればきちんと機能させられる。もちろん、東京オリンピックは、国立競技場だけが問題なのではなく、複雑でさまざまな要素を持つ。

 

 今回は、その入門編として、様々な資料を基に、「国立競技場問題」の真相に迫ります。                           

(林克明)

■第63回草の実アカデミー

「東京オリンピック問題入門編=国立競技場解体の謎と疑惑」

 

講師: アツミマサズミ氏 (オリンピックはいらないネット)

日時: 6月21日(土)130分開場 2時開始 445分終了

場所: 渋谷区穏田区民会館1階集会室

    渋谷区神宮前 6-31-5  電話:03-3407-1807
交通: JR 原宿6分 東京メトロ千代田線 明治神宮前駅 徒歩2

 http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kmkaikan/km_onden.html

資料代:500

« ツイキャス講演録:特定秘密保護法と盗聴法拡大の危機 | トップページ | 明日6月21日(土)2時 東京オリンピック問題入門編「国立競技場の謎と疑惑」講演会開催 »

草の実アカデミー講演予定」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178019/56420901

この記事へのトラックバック一覧です: 東京オリンピック問題入門編=国立競技場解体の謎と疑惑:

« ツイキャス講演録:特定秘密保護法と盗聴法拡大の危機 | トップページ | 明日6月21日(土)2時 東京オリンピック問題入門編「国立競技場の謎と疑惑」講演会開催 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック