草の実アカデミーとは

マスコミ世論研究所について

第二言論サミットへの呼び掛け文


第二言論サミット発言者一覧


無料ブログはココログ

2020年3月21日 (土)

3月21日(土)14:00緊急会議「コロナウイルスと私たち」

■3月21日(土)第125回草の実アカデミー

緊急会議「コロナウイルスと私たち」
~日本と世界の不安と恐怖と生活と未来

 

 直前のお知らせですが、3月21日の草の実アカデミーは、予定を変更し、コロナウイルスについて語る会にします。
 感染拡大をどうするか、どこまでイベントを自粛していいのか、過剰な自粛もあります。

 休校、演劇、音楽、スポーツイベント、式典、政治集会、社会問題を考える講演会やシンポジウム・・・。相当混乱しています。

» 続きを読む

2020年2月24日 (月)

延期になりました⇒3月21日(土)日本を蝕む「嫌韓と中高年男性禍」講演:古谷経衡氏(文筆家)

皆様へ 

 お知らせです。古谷氏が所属する事務所より連絡があり、3月21日の講演は延期することになりました。
事務所で協議し、新型コロナの状況が不確かな中で無理をして行うのは得策ではない、との結論に達したとのことです。
 主催者としては、規模を縮小し、会場設営なども工夫して開催する考えでしたが、先方の意向を尊重したいと思います。
 今後の日程などについては、またブログでお知らせします。よろしくお願いします。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3月の草の実アカデミー講師は、昨秋に発売開始された『愛国商売』(小学館文庫)の著者・文筆家の古谷経衡(ふるや・つねひら)さんです。
 古谷さんは、かつてはネトウヨ界隈に身を置き、界隈に出入りする人や出来事を見てきました。

  そういう彼だからこそ、リアルな『愛国商売』を書けたのだと思います。生々しくあまりにも人間的な世界だなと妙に感心してしまいました。

» 続きを読む

2020年2月19日 (水)

3月21日「日本を蝕む『嫌韓と中高年男性禍』」古谷経衡氏講演会

 3月の草の実アカデミー講師は、文筆家の古谷経衡(ふるや・つねひら)さんです。2月に引き続き、3月も出版記念イベント的な視点から企画した講演会です。

 2018年に駒草出版から刊行された単行本『愛国奴』を改題して文庫化した『愛国商売』(小学館文庫)が出版されたからです。

Photo_20200219232901

 

» 続きを読む

2020年2月 2日 (日)

「なぜ山本太郎を追うのか」疾走する反ジャーナリスト高橋清隆が語る

2月15日(土)14時 豊島区雑司が谷地域文化交流館1A会議室

 疾走する反ジャーナリスト高橋清隆が語る
「なぜ山本太郎を追うのか」

講師:高橋清隆氏(反ジャーナリスト)

» 続きを読む

2020年1月15日 (水)

「南房総は革命後の世界だった!?~台風の傷跡生々しい南房総から」

■1月18日(土)第123回草の実アカデミー

「台風の傷跡生々しい南房総だけど 実はそこは革命後の世界!?」

 明けましておめでとうございます。今年最初の草の実アカデミーのゲストは、フリーライターで労働・女性運動アクティビストの小林蓮実さんです。

 彼女は昨年、東京を引き払って南房総に2019年7月に移住しました。それから間もなく大型台風に襲われ・・・

» 続きを読む

2019年12月16日 (月)

【本年最後】12月21日(土)第122回草の実アカデミー 「言論とメディアはどこまできたか—東京オリンピックやGSOMIAなどを例に」 講師:田島泰彦氏(早稲田大学非常勤講師・元上智大学教授)

【本年最後】12月21日(土)第122回草の実アカデミー

「言論とメディアはどこまできたか—東京オリンピックやGSOMIAなどを例に」
講師:田島泰彦氏(早稲田大学非常勤講師・元上智大学教授)

 

» 続きを読む

2019年11月 7日 (木)

「堤防決壊の真の犯人はだれか」大災害の背景を考える 講師:関良基氏(拓殖大学政治経済学部教授)

 10月の台風19号は大変な被害をもたらし、私の郷里・長野市でも千曲川からあちこちで河川が決壊し水害が発生しました。

 今回の講師の関氏も、千曲川の上流・上田の出身です。かつて草の実アカデミーでは、「テロに葬られた立憲主義の夢」と題して講演してもらいました。

 信州上田藩の赤松小三郎が、当時の世界最先端の立憲主義構想を実現しようとしていたことが驚きでした。

 ちなみに、ここ何年間で私が一番衝撃を受けた本が、「赤松小三郎ともうひとつの明治維新~テロに葬られた立憲主義の夢」(作品社・関良基著)です。

 ですが、今回はそのテーマではなく、水害の話です。関教授からメッセージをいただきましたので掲載します。

 

» 続きを読む

2019年10月17日 (木)

10月19日(土)午後「小保方晴子氏と井上明久元東北大学総長の論文不正問題」講演

 小保方 晴子氏を覚えていますか。

 独立行政法人理化学研究所の元研究員で、2014年1月末にSTAP細胞の論文をNature誌に発表し「リケジョの星」としてブレイクした人物です。

 しかし、Nature誌に発表した論文や早稲田大学の博士論文に不正が発覚し、大バッシングを受けたことは記憶に新しいと思います。

 そして理化学研究所も終われ、大変なおもいをしました。その一方で・・・・

» 続きを読む

10月19日(土)午後「小保方晴子氏と井上明久元東北大学総長の論文不正問題」講演

 小保方 晴子氏を覚えていますか。

 独立行政法人理化学研究所の元研究員で、2014年1月末にSTAP細胞の論文をNature誌に発表し「リケジョの星」としてブレイクした人物です。

 しかし、Nature誌に発表した論文や早稲田大学の博士論文に不正が発覚し、大バッシングを受けたことは記憶に新しいと思います。

 そして理化学研究所も終われ、大変なおもいをしました。その一方で・・・・

» 続きを読む

2019年8月24日 (土)

渡辺てる子講演会「れいわ新選組 選挙体験談」

 旋風を巻き起こし、2人の当選者を出して国政政党となったれいわ新選組。その候補者の一人、渡辺てる子さんに選挙の一部始終を話してもらいます。

 選挙運動で何を発見し、何を学んだのか。今後の教訓は何か、これからの日本をどうするか・・・。渡辺てる子さんが縦横無尽に語ります。

 この秋から冬にかけて大きな変化が起きるかもしれません。

※(注)この回に限り昼でなく夕方6時10(18:10)開場、18:30開演となりますのでご注意ください。

 

※1、すでに申し込み込まれた方で当日ご都合が悪くなった方は至急下記へ連絡お願いします。

 kusanomi@notnet.jp 

※2、座席が残り少なくなっています。9月17日以降に申し込まれる方は、立ち見になってしまう可能性があります。

※3、座席へは、申し込んだ順番が優先されます。しかし開始時刻以降は、順番待ちをしている方に着席していただきますので、遅れた場合は、申し込みされていても席を確保できず立ち見になってしまうかもしれないので、ご注意ください。

(※1~※3 19年9月17日追加記入)

期日:2019年9月21日(土)18:10開場 18:30開演 20:45終了

場所:文教シビックセンター26階スカイホール

地図;https://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html

東京都文京区春日1‐16‐21

 

交通:東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅(5番出口)、

都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅(文京シビックセンター連絡口)、

JR総武線水道橋駅(東口)徒歩9分

資料代:500円

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

主催:草の実アカデミー

ブログhttp://kusanomi.cocolog-nifty.com/blog/

E-mail kusanomi@notnet.jp

«【急告】安倍大スキャンダル本著者のツイッターアカウント停止

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック